日本獣医エキゾチック動物学会

3月21日は、日本獣医エキゾチック動物学会の症例発表会でした。
当院からは、口頭発表3題、ポスター発表3題、共同研究1題を発表しました。

「ヨツユビハリネズミ(Atelerix albiventris)にみられた重複がんの1例」

「フェレット(Mustela putorius furo)の右心奇形を伴う肺高血圧症にシルデナフィルを使用した1例」

「プエブランミルクスネーク(Lampropeltis triangulum campbelli)の体表浸潤性腫瘍に対し広範囲拡大切除および術中カルボプラチン局所投与を行った1例」

「ボールパイソン(Python regius)の頭部の腺扁平上皮癌にネオアジュバンド化学療法を行い完全寛解となった1例」

「好酸球性白血病と診断されたヨツユビハリネズミ(Atelerix albiventris)の2例」

「口腔内扁平上皮癌に対して、カルボプラチン局所投与を実施したヨツユビハリネズミ(Atelerix albiventris)の1例」

「病理解剖を実施した下顎の骨肉腫を認めたウサギ(Oryctolagus cuniculus)」

他院の発表からも、いろいろ学ぶことができて充実した1日でした。

今後も、獣医療の発展のため、積極的に情報発信を行いたいと思います。

 

ウサギの肢端皮膚炎(飛節潰瘍、ソアホック)について

当院にはウサギもよく来院されますが、ウサギには罹りやすい病気がいくつかあります。前述の子宮疾患もそうですし、毛球症、鼻気管炎(スナッフル)、歯牙疾患、流涙症、中耳や脳の疾患からくる斜頚、そして肢端皮膚炎などです。今回は肢端皮膚炎についてです。

肢端皮膚炎は、踵から指先にかけての足底部の接地面面に皮膚炎、ひどくなると潰瘍や大きな膿瘍ができてしまう病気です。

↑足底部が膿んで潰瘍化し盛り上がっている

原因としては、環境面が問題となることがほとんどです。床が金属メッシュであったり硬かった場合、ウサギは肉球がなく皮膚がとても薄いため物理的に障害を受けてしまいます。また老齢になり床ずれのようになることでなる場合や、糞尿で不衛生な環境だった場合も感染等を起こしやすくなります。

症状としては後肢を挙げながら痛そうに歩いたり、痛みからあまり運動しなくなったり食欲がおちたりすることが多いです。軽度であれば飼育環境の改善と、抗生剤の投与で比較的簡単に治ることが多いですが、重症例では物理的ダメージを受けたところに二次的に細菌感染がおき、骨髄炎にまで波及する場合があります。そうなると非常に治りにくい厄介な病気であるといえるでしょう。

予防としては床が金網の場合は穴あきのプラスチックに換えて、一部にやわらかい牧草をふんわりと敷いてあげることです。トイレを覚えさせて、毎日トイレを交換してあげることも衛生的に保つ意味で予防につながります。

もしおうちにウサギさんがいるなら、足の裏がカサブタになったりお肉がでてきたりしてないか、たまーにチェックしてあげてください。

屶網