撮影に来ていただきました

こんにちは、ヴァンケット動物病院です。

 

近頃は気温も下がってきて秋真っただ中といった気候ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さてご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、当院にはエキゾチックアニマルと呼ばれる動物さん達が数多く来院されております。

エキゾチックアニマルとはワンちゃんやネコちゃんを除いたご家庭で飼育されている動物さんたちを指すことが多く、ウサギさんからトカゲさんまでその種類は実に多岐に渡ります。

どの子たちも種類によらずそれぞれたくさんの魅力があり、当院待合室ではよく飼い主様同士がペットさん達の魅力について語らってらっしゃる場面もお見掛けします(スタッフもついついお話に参加させていただいております)。

 

そんな魅力溢れんばかりの動物さんたちですが、実際にエキゾチックアニマルさんを診察させていただいていると時折飼い主様からこんなことを耳にします。

 

「診てくれる病院が近所になくて困っている」

「普段ワンちゃんが通っている動物病院では、エキゾチックアニマルは診察対象外と言われてしまった」

 

当然ながらエキゾチックアニマルさんも、我々と同じように病気になってしまうことがあります。ペットさんの様子がおかしくて心配になってしまう飼い主様のお気持ちはエキゾチックアニマルさんももちろん変わりません。しかしながら増加傾向にあるエキゾチックアニマルの飼育数に対して、そういった動物さんの診療を行っている動物病院の数は決して多くはないのが現状です。

やはり身体の大きさや仕組み、なりやすい病気やハンドリングの仕方など犬猫さんたちと異なる点も多く、獣医学部においても教育カリキュラムとして整っているとはまだまだ言い難い状況です。

そんな中「エキゾチック診療を広めよう」ということで、エレファントTVというサービスの撮影クルーの方々が当院に撮影に来てくださいました。

エレファントTVとは獣医療関連動画配信サービスで、当院でも手術手技の勉強などでよく利用させていただいております。

今回エキゾチック診療未経験の先生方に向けて新たに動画コンテンツの制作をされるとのことで、光栄なことに講師として当院院長松原に白羽の矢を立てていただきました。

 

撮影中の一コマです。気概に満ちています。

 

撮影は和気あいあいとした雰囲気の中、手際よく様々な手技や解説の動画を撮っていただきました。さすが撮影のプロの方たちといった様子で、滞りなくスムーズに終了しました。

(余談ですが、高そうな撮影機材を倒したりしないようにスタッフがちょっと緊張していたことは是非ご内密にお願いします。)

 

こうしたコンテンツの普及によって、一人でも多くの獣医師の先生にエキゾチック診療に興味を持っていただき、少しでも「うちの子を診察可能な病院が近所にない」という状況が減ると嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です