肥満細胞腫

肥満細胞腫は、体の中の肥満細胞という細胞が腫瘍化したものです。
様々な部位にできますが、皮膚にできたものが気付かれる事が多いです。

たとえば皮膚にできものがある場合、基本的に細胞診をオススメします。
外観、大きさ、増大速度からでは、診断は不可能です。

小さいできもので、大きくならないからといって良性とは限りません。

このような、皮膚炎に見えるものでも

sRIMG0314
針を刺して細胞をみてみると

sRIMG0319
肥満細胞腫でした。

フェレットの肥満細胞腫は、細胞質にあまり顆粒をもたないことが多いため、他の独立円形細胞との鑑別が必要です。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

細胞診で肥満細胞腫を疑う場合には、次に生検を行って、確定診断と悪性度の確認をします。
皮膚の肥満細胞腫は、猫やフェレットでは良性に近い挙動をとることが多いですが、犬では良性に近いものから悪性度の高いものまで様々です。

生検で確定診断ができれば、次に転移の有無と全身状態の確認を検査します。
肥満細胞腫は、リンパ節、肝臓、脾臓などに転移することが多い腫瘍です。
まず、X線検査や超音波検査で転移を確認します。場合によってはCTなどが必要にこともあります。
血液検査や尿検査は全身状態の把握のために行います。

治療としては外科的に摘出を行います。肥満細胞腫では3cm程度の余裕(マージン)をもって切除をすることが推奨されています。

sRIMG0372
手術のときに、リンパ節、肝臓、脾臓の細胞診や生検を同時に行います。
画像診断で異常がなくても、肥満細胞腫が転移していることがあるため、理想的には複数個所のリンパ節、肝臓、脾臓の組織を取る方が良いかもしれません。

摘出した組織は、腫瘍が取りきれているかの確認のため、病理組織検査を行います。また、犬猫では肥満細胞腫のKITというタンパク質をつくる遺伝子c-kitの変異を遺伝子検査で確認します。c-kitの変異がある肥満細胞腫には、イマチニブという薬がほぼ100%効果を示すことが分かっています。

摘出が完全でない場合や、転移がある場合、肥満細胞腫の悪性度が高い場合には、術後に化学療法を行います。
肥満細胞腫で一般的に使用されるのは、ビンブラスチン、プレドニゾロン、ロムスチン、イマチニブ、トセラニブ、マシチニブなどです。

腫瘍は、小さなうちが治療のチャンスですので、あまり様子をみないで診断をすることが重要です。

松原

ヨツユビハリネズミのダニ 疥癬のはなし

ヨツユビハリネズミ  Atelerix albiventris は来院機会の多いペットさんです。
飼育も難しくなく、その可愛らしい見た目から最近飼う人が増えているようです。

sRIMG0669

ヨツユビハリネズミに多い病気といったら、なんといってもダニ!
次に1歳超えたあたりから腫瘍といったところでしょう。

今回はダニの話です。
ヨツユビハリネズミのダニはCaparinia tripilisという、ヒゼンダニの仲間です。
他にも何種かいるようですが顕微鏡でも違いがよくわかりません。

ヒゼンダニは疥癬というヒトの皮膚病の原因として有名です。
あまりにかゆいせいでナポレオンの進軍を止めたとかなんとか。

このCaparinia tripilisは激しいかゆみと、皮膚をガサガサにし、フケを大量に出し、針が抜けたりします。
肉眼でも白っぽいよく挽いたコショウくらいには見えるので、注意してみてみると動いているのが見えるかもしれません。
フケや皮膚をセロハンテープでペタペタしたものを顕微鏡でみると・・・

sRIMG0673

 

↑なにやらモチャッとしたのがいますね

sRIMG0676

sRIMG0679

sRIMG0680

 

sRIMG0752

↑立派な顎と手足。卵を持っているのもいます。小さめなのは若い個体でしょう。

写真をよく見ると分かりますが、ダニは肢先に爪と吸盤をもっていて、張り付いたりひっかけたり色々なところを歩くことができます。

治療はスポットタイプの駆虫薬やイベルメクチンの注射を1-2週間おきに3-5回するだけで、大抵はいなくなってくれます。
あとはフケの中にも大量のダニと卵が入っているので、環境をよく綺麗に洗って乾かし、
キンチョール的なものをまわりに吹いておくと良いと思います。

飼育してすぐの若齢のハリネズミに多いので、飼い始めて痒そうならばご相談ください。
もともと野生動物をむりやりペットにしてるので、まぁダニくらいはついててもしょうがないかな、
くらいの心持ちでいてください。

屶網

腫瘍

動物は、高齢になってくると腫瘍の発生率が高くなります。それは、ヒト、犬、猫に限らず、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類全般にあてはまります。無脊椎動物においても、ミミズやゴキブリなどで腫瘍の発生が報告されています。

動物の体にできものがあったとしても、すべてが腫瘍とは限りません。炎症、膿瘍、過形成などの腫瘍以外のできもののこともあるからです。また、腫瘍にも大きく分けて良性と悪性という区別があります。

できものを診断するに当たっては、細胞または組織を検査する必要があります。見た目や大きさ、増大傾向などから判断を行うことは危険です。

通常は、まず細胞診をおこないます。細胞診は注射針で針先程の細胞を採り、染色して細胞の形態をみる検査です。細胞診では、そのできものが腫瘍なのかどうかある程度の目安が得られます。また、ハイグレードのリンパ腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫などは細胞診でも診断できることがあります。細胞診でうまく細胞が採取できないときや、判断がつきにくいとき、腫瘍が疑われるときは、より詳細な診断のために、組織検査を行います。組織検査は、True-cut生検、パンチ生検、切除生検などの方法で、少量の組織を採取し、病理組織学的検査を行う検査です。組織検査により、腫瘍の種類、悪性度などが決定されます。

メラノーマ(悪性黒色腫)

細胞診や組織検査で腫瘍が確定された場合、次のステップとして全身状態の評価とリンパ節転移、遠隔転移の評価を行います。そのため、血液検査、X線検査、超音波検査、尿検査、凝固系検査、各種内分泌検査などを行います。

腫瘍の治療法は様々な方法がありますが、多くの腫瘍では、外科手術、放射線治療、化学療法が治療の柱となります。悪性腫瘍の場合には、外科手術を行う場合に、できものだけを取ることは再発を招きやすいため、可能であれば広範囲切除を行います。できるだけ広く深く取るとともに、腫瘍細胞を散布しないようにエンブロック切除を心がけます。エンブロック切除とは、腫瘍本体にメスをいれずに周りの組織ごと切除を行う方法です。細胞診などの生検で使用した経路もすべて含めて切除します。この方法により、術創への腫瘍細胞の散布を最小限にすることができます。広範囲切除後は、皮膚が寄らない場合もありますが、その場合は皮弁を作って転移するか、メッシュを形成します。

生検部位を含めた広範囲切除

術後は、適切な放射線治療や化学療法を行うと再発・転移を抑制できることがあります。

放射線治療は、大学や一部の専門病院にしか設備がありません。そのため、当院では希望があれば紹介するかたちをとっています。

化学療法は、抗がん剤を使用する治療法です。通常、固形腫瘍には化学療法の効果が薄いため、手術後の補助療法として使用します。リンパ腫や肥満細胞腫などの腫瘍では、化学療法の効果が高いため、治療の主体となることもあります。

抗がん剤というとイメージが悪いですが、重度な副作用がでないようしっかりとモニターしながら治療を行うと、動物の生活の質が良い状態で保てることも多いため、適応症例には積極的に行っています。

悪性腫瘍に対しては、様々な治療法を組み合わせて行う集学的治療が必要です。治療計画を綿密に立てて治療をしなければ、悪性腫瘍を抑制することは非常に困難です。