腫瘍

動物は、高齢になってくると腫瘍の発生率が高くなります。それは、ヒト、犬、猫に限らず、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類全般にあてはまります。無脊椎動物においても、ミミズやゴキブリなどで腫瘍の発生が報告されています。

動物の体にできものがあったとしても、すべてが腫瘍とは限りません。炎症、膿瘍、過形成などの腫瘍以外のできもののこともあるからです。また、腫瘍にも大きく分けて良性と悪性という区別があります。

できものを診断するに当たっては、細胞または組織を検査する必要があります。見た目や大きさ、増大傾向などから判断を行うことは危険です。

通常は、まず細胞診をおこないます。細胞診は注射針で針先程の細胞を採り、染色して細胞の形態をみる検査です。細胞診では、そのできものが腫瘍なのかどうかある程度の目安が得られます。また、ハイグレードのリンパ腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫などは細胞診でも診断できることがあります。細胞診でうまく細胞が採取できないときや、判断がつきにくいとき、腫瘍が疑われるときは、より詳細な診断のために、組織検査を行います。組織検査は、True-cut生検、パンチ生検、切除生検などの方法で、少量の組織を採取し、病理組織学的検査を行う検査です。組織検査により、腫瘍の種類、悪性度などが決定されます。

メラノーマ(悪性黒色腫)

細胞診や組織検査で腫瘍が確定された場合、次のステップとして全身状態の評価とリンパ節転移、遠隔転移の評価を行います。そのため、血液検査、X線検査、超音波検査、尿検査、凝固系検査、各種内分泌検査などを行います。

腫瘍の治療法は様々な方法がありますが、多くの腫瘍では、外科手術、放射線治療、化学療法が治療の柱となります。悪性腫瘍の場合には、外科手術を行う場合に、できものだけを取ることは再発を招きやすいため、可能であれば広範囲切除を行います。できるだけ広く深く取るとともに、腫瘍細胞を散布しないようにエンブロック切除を心がけます。エンブロック切除とは、腫瘍本体にメスをいれずに周りの組織ごと切除を行う方法です。細胞診などの生検で使用した経路もすべて含めて切除します。この方法により、術創への腫瘍細胞の散布を最小限にすることができます。広範囲切除後は、皮膚が寄らない場合もありますが、その場合は皮弁を作って転移するか、メッシュを形成します。

生検部位を含めた広範囲切除

術後は、適切な放射線治療や化学療法を行うと再発・転移を抑制できることがあります。

放射線治療は、大学や一部の専門病院にしか設備がありません。そのため、当院では希望があれば紹介するかたちをとっています。

化学療法は、抗がん剤を使用する治療法です。通常、固形腫瘍には化学療法の効果が薄いため、手術後の補助療法として使用します。リンパ腫や肥満細胞腫などの腫瘍では、化学療法の効果が高いため、治療の主体となることもあります。

抗がん剤というとイメージが悪いですが、重度な副作用がでないようしっかりとモニターしながら治療を行うと、動物の生活の質が良い状態で保てることも多いため、適応症例には積極的に行っています。

悪性腫瘍に対しては、様々な治療法を組み合わせて行う集学的治療が必要です。治療計画を綿密に立てて治療をしなければ、悪性腫瘍を抑制することは非常に困難です。