猫の慢性腎臓病(CKD)へのアプローチ セミナー

4月9日日曜日は、「猫の慢性腎臓病(CKD)へのアプローチ」のセミナーに参加してきました。

今月、新しく発売された、ネコの慢性腎臓病治療薬についてのセミナーです。ラプロスという商品名ですが、ベラプロストナトリウムという比較的昔からヒト用では使われているお薬です。

ベラプロストナトリウムは、イヌの肺高血圧症などで使用したことはありますが、今回はネコの慢性腎臓病を適応症としています。作用機序としては、血管内皮細胞保護作用、血管拡張作用、炎症性サイトカイン産生抑制作用、抗血小板作用などがあり、慢性腎臓病における腎機能低下の抑制および臨床症状の改善が期待できます。

IRISステージ2~3の慢性腎臓病が適応となるため、積極的に使用していこうと思います。

このお薬は慢性腎臓病を治す薬ではないため、根治治療ではありませんが、生活の質を保ちつつ長生きしてもらうための治療オプションの一つになるかと思います。

松原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です