4月です。

新年度ということで、当院にも新しいスタッフが増えました。

獣医師の本郷先生と動物看護士の角さんです。また、アルバイトの動物看護士の田代さんも週に何日かお願いしています。

診察などでお会いする機会があると思いますので、よろしくお願いいたします。

今まで、X線検査の機械はCRという方式を使っていました。これは、X線をカセッテという板に照射して、それを専用の機械で読み取ることで画像をデジタル化していました。読み取りに少し時間がかかっていました。

今回、DRという方式の機械と入れ替えました。こちらは、センサーに直接X線を照射するため、直にデジタル画像が構成されます。また、画質もCRよりも優れています。

検査時間の短縮により、動物への負担も少なくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です