ミニブタ・マイクロブタの診察について

家畜保健衛生所からの指導により、下痢や元気消失、発熱などの体調不良の場合、豚熱(CSF)などの家畜伝染病の可能性を否定できないため、病院に来院する前に飼い主様から家畜保健衛生所に電話をし、移動の許可をとる必要があります。
移動の許可が下りない場合、当院での診療をお受けすることが出来ません。


仮に院内で豚熱(CSF)の可能性があるブタを診察した場合、移動経路や院内を封鎖し消毒を行う為、その間他の患者様の診察を行うことが出来なくなってしまいます。ミニブタやマイクロブタを飼育されている飼い主様へは大変心苦しいのですがご理解のほどお願いいたします。
現在、家畜保健衛生所に今後の対応策について問い合わせ中です。
返答があり次第、ブログ等でお知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。